« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »

gentoo-dev-sourcesでのUSB接続HDDの認識

gentoo-sourcesからgentoo-dev-sourcesに移行以後、USB接続したHDDがマウントできなくなってましたが、解決しました。
カーネルの構築時にはUSB-StorageやSCSI関係の設定を有効にしていましたが、マウント出来ませんでした。
調べてみると、gentoo-sources時代は/dev/sdb1で認識されていたのですが、/devをみるとsdbやsdb1と言うマウントポイントがなくなっていました。

log等を見てみると/dev/ubaで認識しようとしているようですが、結果マウントできませんでした。
試しにカーネルを構築し直して、emerge udevを実行し、udevを使うようにしてみたところ、やっと/dev/uba1でマウント出来るようになりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

EPSON PM-G720の設定メモ

まずGentooのドキュメントを参考にして、cupsとfoomaticをemregeする。
ドキュメント中のcat test.txt > /dev/usb/lp0は無視してO.K.です。
PM-G720では、上記コマンドで直接プリントアウト出来ませんでしたが、設定後ちゃんと印刷できています。

次、エプソンアヴァシス(旧エプソンコーワ)様のサイトよりPM-G720のCUPSドライバソースpipsg720-2.6.2.tar.gzをダウンロード。

コンパイルはrootでかつgcc-2.95系を使います。
現在のデフォルトのgcc-3.3.5ではエラーが出ます。
Gentooでは現在gcc-2.95.3-r8が使用可能です(マスクされているので解除してemerge)。
ebuildを作成する場合は、src_compile内でunset CFLAGSとunset LINGUASとすれば、後はeconfとmakeでコンパイルできます。

後は、INSTALLに記載されている通り、
# /usr/sbin/lpadmin -p pmg720 -E -v ekplp:/var/ekpd/ekplp0 -m ekpmg720.ppd
を実行。
そしてcupsとekpdを起動し、http://localhost:631/から用紙を指定してあげるとO.K.です。
用紙を一回目だけ指定してやれば、以後ちゃんと動くようです。
# エプソンコーワの掲示板でangrod様の書き込みを見て、用紙を指定してみたらテスト印刷できるようになりました。感謝。感謝。


[参考1]
# emerge -pv =gcc-2.95.3-r8

These are the packages that I would merge, in order:

Calculating dependencies
!!! All ebuilds that could satisfy "=gcc-2.95.3-r8" have been masked.
!!! One of the following masked packages is required to complete your request:
- sys-devel/gcc-2.95.3-r8 (masked by: profile)

For more information, see MASKED PACKAGES section in the emerge man page or
section 2.2 "Software Availability" in the Gentoo Handbook.

[参考2] gcc-3.3.5を使用した場合のエラー
gcc -g -O2 -Wall -o dtrfilter img.o pfpng.o main.o -lm ../lib/libdtr.a -lpthread -ldl
../lib/libdtr.a(imgdetect_pips.o)(.text+0xc8): In function `OutputMemAtBmp':
: undefined reference to `__builtin_new'
../lib/libdtr.a(imgdetect_pips.o)(.text+0x3e4): In function `OutputMemAtBmp':
: undefined reference to `__builtin_delete'
../lib/libdtr.a(imgdetect_pips.o)(.text+0x3f4): In function `OutputMemAtBmp':
: undefined reference to `__rethrow'
../lib/libdtr.a(imgdetect.o)(.text+0x39e): In function `FUNC006::~FUNC006(void)':
: undefined reference to `__builtin_delete'
collect2: ld returned 1 exit status
make[2]: *** [dtrfilter] エラー 1
make[2]: Leaving directory `/home/papa/download/pipsg720-2.6.2/dtrfilter'
make[1]: *** [all-recursive] エラー 1
make[1]: Leaving directory `/home/papa/download/pipsg720-2.6.2'
make: *** [all-recursive-am] エラー 2

このエラーの対処策は2つ有り、一つはエプソンアヴァシスの掲示板0092番辺りでotera様が述べられています。
gcc-3.x以降では、make時にgccに-lstdc++-3-libc6.2-2-2.10.0を渡してあげれば良いそうです。これはGentooではlib-compatに含まれています($sudo equery files lib-compatで確認して下さい)。
指定の仕方ですが、
LIBS = -lstdc++-3-libc6.2-2-2.10.0 ./configureとして後、makeすればコンパイルO.K.です。

もう一つの対処方法は、dtrfilter/main.cの118〜119行目を以下のように変更するパッチを当てるようです。
#if 0
if (OutputMemAtBmp (width, height, &inbmp, &atbmp) < 0)
dtr_fatal ("Failed in making of attribute bitmap.");
#endif
これは、エプソンアヴァシスの掲示板にプラプラ様が投稿された情報です。

またUSEでnptlを指定している場合は、/etc/init.d/ekpd(自分で作成要)の先頭でLD_ASSUME_KERNEL=2.4.1を付加してekpdデーモンを起動すれば良いようです。これもotera様からの情報です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OpenOffice-1.1.4の日本語化

OpenOffice-1.1.4をemergeしようとすると以下のメッセージが出力されたので、内容確認。

* It is important to note that OpenOffice.org is a very fragile
* build when it comes to CFLAGS. A number of flags have already
* been filtered out. If you experience difficulty merging this
* package and use agressive CFLAGS, lower the CFLAGS and try to
* merge again.
*
* Please note that this package now uses the LINGUAS environment
* variable to provide localization. The old LANGUAGE=ENUS|PORT...
* system does NOT work anymore.
*

LANGUAGE=81って指定していたが、1.1.4からはLINGUAS="ja"と指定すれば日本語化できると言うことだろうか?
とりあえずこれから試してみます。また私はgnomeを使っているのですが、kde-i18nは必要なのだろうか?
まずはLINGUASだけしていた状態(kde-i18nを入れずに)emergeした結果を後で報告します。

--

$ LINGUAS="ja" sudo emerge openoffice
とすると、上記メッセージの後に
* Installing OpenOffice.org for Japanese environment.
と出ましたので、日本語化できそうです。
ひとまず中間報告。

--

GentooのKDEのドキュメントを見ると/etc/make.confに
LINGUAS="ja"
と記述しておくと良いようなことが書かれていたので採用しました。
これで今後わざわざLINGUAS変数を指定してやらなくても良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EPSON PM-G720を購入

3月13日(日)に、今まで使用していたエプソン製インクジェットプリンターPM-830Cを親に譲り、新しくPM-G720を購入した。
今回購入したPM-G720はUSB接続のタイプ。ドライバーはエプソンコーワ様からCUPS版のものが提供されています。
WinXPからは問題なく印刷できることを確認したので、次はGentooで設定しようと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本技術士会中部支部春季例会に出席して

3月12日に、名古屋の名鉄ニューグランドホテルにて春季例会と新合格者祝賀会があり、出席してきました。
春季例会では、尊敬している名古屋大学の武田邦彦教授の講演があり、非常に楽しく聞かせていただきました。

私が技術士を目指すことになった切っ掛けは、武田先生に2000年に弊社にてして頂いた講義内容だったので、今回自分が合格した年の例会で先生に再びお会いできたことは非常に嬉しいことでした。
今回の講演もまた、非常に示唆と鋭い指摘に富んでおり、楽しく拝聴しました。
祝賀会に先生が見えられたら、一言お礼を言いたかったのですが、講演後帰られてしまい、少し残念でした。

祝賀会では、沢山の技術士の先輩方、修習技術者(技術試補)と知り合えた事が嬉しかった。
今後、頑張って得た技術士と言う資格をどう活かしていくかが難しそうですが、まずは人脈づくりから。そして自分ができそうな事を前向きに、一つずつチャレンジしていくことから始めていこうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフィリエイトに挑戦!?

アフィリエイトって何だろう?って思って調べてみたら、書籍紹介みたい。
書籍は中高生向け程度のファンタジー系娯楽書から、化学系専門書、プログラミングの書籍、子供の絵本など幅広く読んでる方だと思うので、早速チャレンジ。

まずは今何かと興味があるフラーレン関係のお薦め書籍を1冊、技術士2次試験(化学部門、高分子製品)対策で使用したお薦め書籍を2冊、そして最後に娘が大好きな絵本を1冊紹介してみました。

松浦先生の本は、本当にかなり良いと思います。技術士試験で高分子で受ける方は一度目を通される事を勧めます。
井手さんの本は少し誤字が多いのが気になりますが、技術士2次試験を目指す方なら誤字と気づくでしょうから、問題ないかな?

やすいすえこさんの絵本、心暖まる良作です。図書館で何度も娘が借りた本だったので、昨年のクリスマスにプレゼントしてあげました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »