« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

kernel-2.6でのEcho社gina20の設定

Echo社のGina20がALSA-1.0.8でサポートされていました。
kernelツリーのALSAではなく、alsa-driverをemergeして設定することでgina20が認識されました。
まだ動作確認は行っていませんが、とりあえず設定メモを記します。

大まかな手順はGentooの「GENTOO LINUX ALSAガイド」を参照して下さい。

私のところでは、サウンドカード2枚刺しで、一つは865Gのオンボードのもの、もう一つは今回の本命のGina20です。
[lspciより抜粋]
0000:00:1f.5 Multimedia audio controller: Intel Corp. 82801EB/ER (ICH5/ICH5R) AC'97 Audio Controller (rev 02)
0000:01:05.0 Multimedia controller: Motorola DSP56301 Digital Signal Processor (rev 02)

[/etc/make.confに以下を追加]
ALSA_CARDS="intel8x0,gina20"

[カーネル再構築時のオプション設定]
Device Drivers --->
Sound --->
<*> Sound card support
Advanced Linux Sound Architecture --->
< > Advanced Linux Sound Architecture
Open Sound System --->
< > Open Sound System (DEPRECATED)

[emergeするパッケージ]
emerge alsa-driver alsa-utils

[/etc/modules.d/alsaの編集]
# ALSA portion
alias char-major-116 snd
# OSS/Free portion
alias char-major-14 soundcore

## ALSA portion
alias snd-card-0 snd-intel8x0
alias snd-card-1 snd-gina20

## OSS/Free portion
alias sound-slot-0 snd-card-0
alias sound-slot-1 snd-card-1
##

# OSS/Free portion - card #1
alias sound-service-0-0 snd-mixer-oss
alias sound-service-0-1 snd-seq-oss
alias sound-service-0-3 snd-pcm-oss
alias sound-service-0-8 snd-seq-oss
alias sound-service-0-12 snd-pcm-oss
## OSS/Free portion - card #2
alias sound-service-1-0 snd-mixer-oss
alias sound-service-1-1 snd-seq-oss
alias sound-service-1-3 snd-pcm-oss
alias sound-service-1-8 snd-seq-oss
alias sound-service-1-12 snd-pcm-oss

alias /dev/mixer snd-mixer-oss
alias /dev/dsp snd-pcm-oss
alias /dev/midi snd-seq-oss

# Set this to the correct number of cards.
options snd cards_limit=2

[その後の作業]
$ sudo /sbin/modules-update
$ sudo /sbin/rc-update add alsasound boot
$ sudo /etc/init.d/alsasound start

[確認作業]
$ cat /proc/asound/cards
0 [ICH5 ]: ICH4 - Intel ICH5
Intel ICH5 with ALC655 at 0xffe7ba00, irq 17
1 [Gina20 ]: Echoaudio Gina20Gina20 - Gina20
Gina20 rev.0 (DSP56301) at 0xffce0000 irq 17

$ cat /proc/asound/modules
0 snd_intel8x0
1 snd_gina20

$ cat /proc/asound/devices
20: [0- 4]: digital audio playback
27: [0- 3]: digital audio capture
26: [0- 2]: digital audio capture
25: [0- 1]: digital audio capture
16: [0- 0]: digital audio playback
24: [0- 0]: digital audio capture
0: [0- 0]: ctl
1: : sequencer
33: : timer
49: [1- 1]: digital audio playback
57: [1- 1]: digital audio capture
48: [1- 0]: digital audio playback
56: [1- 0]: digital audio capture
32: [1- 0]: ctl

[その他]
ミュートの解除(Gentoo LINUX ALSAガイドを参照)

ここまででGina20が認識されていることが確認されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ALSAでEchoのGina20がサポートされていた!

HDレコーディングを利用してWin98初期の時代からデジタルでDJしてきたSHIMAやんにとって、その頃からの宝物Echo社のGina20。ALSAで対応できるように頑張って下さっている方がいたので、ず〜っと諦めずLinuxで使える日が来ることを待っていました
本日ALSAのHPの、Last update Wednesday 02 March 2005 11:10の対応サウンドカードの表で確認。少なくとも対応になったバージョンはALSA1.09rc1か1.08。1.08なら今でも動いて良さそうだが、、!?
少なくともkernel-2.6.11(2.6.11-gentoo-r5)で素のままでは未だ動いていませんが、今でも足掻けば何とか動く予感。
ちょっと勉強してみよっかな。

[lspciからの抜粋]
0000:01:05.0 Multimedia controller: Motorola DSP56301 Digital Signal Processor (rev 02)

[ALSAのサウンドカード情報からの抜粋]
Make a directory to store the alsa source code in.

cd /usr/src
mkdir alsa
cd alsa
cp /downloads/alsa-* .

Now unzip and install the alsa-driver package

bunzip2 alsa-driver-xxx
tar -xf alsa-driver-xxx
cd alsa-driver-xxx
./configure --with-cards=gina20 --with-sequencer=yes;make;make install
The snddevices script sets the permissions for the devices it creates to root. You should

chmod a+rw /dev/dsp /dev/mixer /dev/sequencer /dev/midi

Now unzip and install the alsa-lib package

cd ..
bunzip2 alsa-lib-xxx
tar -xf alsa-lib-xxx
cd alsa-lib-xxx
./configure;make;make install

Now unzip and install the alsa-utils package

cd ..
bunzip2 alsa-utils-xxx
tar -xf alsa-utils-xxx
cd alsa-utils-xxx
./configure;make;make install

Now insert the modules into the kernel.

modprobe snd-gina20;modprobe snd-pcm-oss;modprobe snd-mixer-oss;modprobe snd-seq-oss


# ALSA portion
alias char-major-116 snd
alias snd-card-0 snd-gina20


| | コメント (0) | トラックバック (0)

PM-G720のebuildファイル作成に挑戦

Gentooを使い始めてもうすぐ一年くらい。記憶があやふやだけど2004年5月末くらいに使用し始めたように思います。
そろそろebuild書いてみたいなと思っていたのですが、何しろGentooはメンテされているパッケージ数が膨大で、自分でtar玉からインストールする場面に出くわしませんでした。

やっとPM-G720(エプソン製)プリンターのドライバーで機会に恵まれたので、ebuildに挑戦してみました。
で、ようやくebuildらしく見える形に仕上ってきました。
後、以下の2箇所を直せればひとまずの完成です。

[残っている問題点]
/bin/sh ../mkinstalldirs /var/ekpd
if test ! -p /var/ekpd/ekplp0; then \
mkfifo /var/ekpd/ekplp0 ;\
fi
でインストールされる/var/ekpd/ekplp0ファイル(と呼んでいいのだろうか?)がemergeする度にインストールされたり、されなかったりの問題。
Makefile.inにパッチ当てるような修正してしまって良いのだろうか。もっとスマートなやり方がありそうな気が。

/usr/local/EPKowa/printer/ekpdのekpdデーモンが起動してる状態で再emergeすると、その回はこのファイルがインストールされず、古いバージョンを削除する段階で削除されてしまう。
これはデーモンを使っている他のパッケージのebuildを参考にして直そうっと。まずはこっちから手を付けようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長女の入園式

今日、長女(3才)の入園式がありました。
娘は2月生まれなので、多くの同級生よりも小さいし、やっぱり幼い。
もしも早いうちから劣等感をもつような事になると可哀想だと思ったので、保育園の方を選びました。
中学入るまでは、一杯遊んで、好奇心、想像力を育ててくれれば、それで良いと思う。
勉強や運動なんて、出来ても出来なくても良い。
ただ勉強も運動も嫌わず、楽しんで欲しいな。
そして真直、明るく、そして忍耐力のある子に育ってくれるよう願うよ。

クラスの皆との記念写真、結局娘一人だけが、ママにだっこされていたよ。
彼女にとって、これもいずれ楽しく、少し恥ずかしい想い出になるのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »