« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

日本株バブルスタート?

なんやかんやで株を初めたのが2000年だったかな?
ITバブルで少し株式市場が賑やかになってきて、インターネットが普及したことで株式取り引きがし易くなって、と言うような状況下で、経済の勉強と思って株式取り引きを始めたのが切っ掛け。

それから日経平均が8000円を下回る値を付けたころ私の資金も2/3以下になってたりしたが、今年始めにやっと原点を越えた。
今は下手な損切り(動揺損切り)を一回、読み違えの損切りを一回やってしまったので、日経平均がこれだけ上がっているにも関わらず数%程度のプラスでしかない。

で、表題のバブル?であるが、毎日楽しみに見ているフィスコのコメントがこの11月に入ってから非常に強気になったことを受けて考えていることである。
今バブルがスタートしたとすると、何バブルになるのだろう??

以前の不動産バブル、ITバブルと来て、今年夏くらいまではマンション投資(ミニ)バブルがあったが、今はよく分からない。敢えて言うなら「郵政バブル」だろうか?

郵政民営化が決定し、今まで国債に回っていたお金が企業への融資や投資信託を通じて株式市場に流れることが期待されているのかな。しかもゼロ金利解除が少し遅くなりそうな気配がし始めた分、この期待が大きくなってきてるのかな?
個人的な感想としては、決してバブルではなく、日本経済がようやく上向きになってきて、銀行もかなり健全な状態になって、しかもボーナス、賃金も上向きになり内需が強くなり始めた、つまりファンダメンタル的に良くなった分、株価が上昇したのだと思う。ちょっと上ぶれしている分は、今年新たに株式投資(投資信託も含め)に参入した人が増えた分だと思っている。

話は変わるが、前年ながら原油価格が少し落ち着きを取り戻し始めたためか、11/4ラマダンが開けてから期待されていたオイルマネーの国内株式への流入はほとんどなかったみたいだね。11/4から本日までは外国人は計2690万株の売り越しになってるしね。
(11/17時点で買い越しになりした。また本日のニュースを見るとオイルマネーの流入が認められたとありました。お蔭(?)で日経平均14600円越え)

ここ数日間の14000円頭でのモミアイを上手くこなせたら、年内に15000円台の攻防に突入しそうだね。
確か今年始めのアナリストの予想でドイツ証券会社だったように思うけど、年末に15000円を予想してたね。
私の予測では12800円程度と考えていたので、正直アホかと思って読んだが、本当に実現しそうな勢いだね。
完全に脱帽です。さすがはプロですね。

もし年末年始商戦に対して、日本の内需環境が良くなってきてることを外国人投資家が評価してくれたり、オイルマネーが再度日本株式市場に入ってきたりすると来年3月には16500円台になってるかな。楽しみだね。

とりとめが無くなってきたから、この話はこの辺でおしまいにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »