« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

リモートX、やっと出来た。

1)ホストとなるPCでsshdを起動。
 ただし、/etc/ssh/sshd_configを編集して、「X11Forwarding yes」にしておく。
2)クライアント側からsshでホストPCに接続。その場合、sshのオプションに-Xを付けること!

これだけで出来るはず。
sshのセキュリティーに関しては、沢山役立つ情報がWEB上にあるから、メモは無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国家の品格を読んで

藤原正彦氏の「国家の品格」を本日購入し、読んでみた。
最近よく耳にする本だったので、出張の電車中での読書用に購入した。

正直なところ、感想としては、何だかなぁってところ。
共感できる部分はあるが、反感を抱くところも多々あるし、その話の展開おかしいやろ!?ってツッコミ入れてしまうところも所々ある。
そもそも読みものとしては非常に御粗末だった。
(まあ1時間もあれば読破できるので、暇つぶしとしてはありやったけど。)

個人的には同系(?)書物の、竹内薫氏の「99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方」の方がはるかに秀作と思う。
少なくともこちらは反感を抱くことなく、すんなり受け入れられたな。

ただ「国家の品格」が、ベストセラー入りした要因って、自分みたいな話題になってたんで読んでみたってミーハーな人が多数いたのかな??

私自身、歴史は中学と高校で受験用に習った程度で詳しくはない。しかも不得意科目筆頭。。
何も調べないで、自分の怪しい記憶を元に反論すると何かとツッコミが入りそうだけど、それはそれ。私の日記ということで。

とりあえずこの本、武士道精神を美化しすぎ!!
鎌倉時代〜江戸時代って戦国(武士=戦士)の時代やなかったけ!?
何で武士道精神が戦争を無くす手段なんや。言うてる事が歴史にそれこそ矛盾してんで。
天下統一したい武士、山ほどいたやんけ!!

個人的には、武士道精神って、いざと言う時、儚く命を散らすことを運命とした人達が、精神の安定化と日頃からの心構えのために築いき育んだものやと感じてた。
(余談やけどファンタジー好きとしては、騎士道精神も同じような背景から育まれたものやと思ってる。自分の中ではほとんど同義語や。)
(世界大戦の頃の日本の軍国主義の精神のような、おしつけの精神とは違うと信じたいなぁ。)


ビルゲイツって欧米人でキリスト教徒でかつ大経営者やと思うけど、彼、ものすごい額の寄付金とか送くってるんでしょ!?
しかも日本人の某タレントさん達とは違って、「*億ドル寄付しました〜。」なんて言うこと無く。
こういう勝ち組の人で、きちっり惻隠できてる人を生み出せるのもキリスト教やその他のちゃんとした宗教やと思うな。別に武士道に限らず。


話は変わるけど、美意識が重要ってところと、卑怯はアカンってところは共感できた。

美学って学問があるみたいやけど、素人の実感としては美意識って人それぞれやと思う。これがコダワリの源泉やと思うし、何か新しいものを生み出す力やと思う。

竹内さんの上に挙げた書物でも書かれているけど、定義上、科学は真理に到達し得ない。それは「国家の品格」でも違う言葉で書かれてるけど、必ず何かの仮定を理論展開の出発点にするから。
科学においてはその仮定をどう捉えるかが、どう切り口をつけるかが重要で、ここは感性(センス)に因るものが大きいと思う。
同様に、何か論理展開する際の仮定の選び方にはセンスが問われ、美意識が重要ってのは納得。

ただ、なんで美意識を統一したがるんやろ!?こっちは個性が最重要ちゃうんかな。
それに現代の美意識って、凄く速いスピードで変遷していってると思う。
瞬間的な基準は作れるやろうけど、絶対的な美の基準なんて作れるはずなんやけ。
「あわれ」を基準にできたとしても、すぐ次には「自己主張全開原色系」が流行るって、きっと。
控えめで、おしとやかで、はかなげなモノが美しいとされる時代もあれば、威風堂堂とした、ポジティブ&アクティブな感じなものが美しい(カッコいい)って時代もあるよ。
武士道の時代にも、信長の「歌舞伎」に惹かれた若僧達も大勢いたらしいやん。


「卑怯」に関しては、概念としては理解してるけど、「殺人がなぜいけないか」や「何が善で何が悪」かと同様、定義が非常にあいまい。
感覚的に「卑怯」と思うかどうかが判断基準になってるよな。でもそれって個人によって判断基準が揃ってないとあんまり意味あらへんねぇ。

藤原氏は、判断基準の統一として「武士道精神」を元にしたいと言ってるけども、、、ねぇ。
それって法律と同様で、人が人のために決めたものでは正直、実効力に乏しいと思うよ。
現在じゃ、儚く命ちらせる運命の人って極少数派やろうから、そもそも人生若くして美化する必要あらへんやん。

# ちょっと補則。法律に関しては、実際には守られていないものが多いし、そもそも一般に知られていないものも多々あるでしょ。TVのクイズ問題等になるくらいに。。

こういうモノは、やっぱり「神様」が登場して、人間より上と人間が認めた方に規範を作って頂かないと上手く機能しないんじゃないかなぁ。


なんやかんや書いたけど、結局自分は竹内さんの書物の「99.9%の・‥」がお薦めかな。
それと、人の子の親として思うのは、精一杯の愛情もって子育てするのが、結局日本の品格向上に一番効果あるような気がするよ。

あとは品格向上に対する提案としては、大家族化かな。
ここ20年間くらいで核家族化が進んだように思うけど、日本に取って、これ失敗だったように思うな。
大家族での生活って、3世代に渡る約100年近くの価値観を自然に繋ぐ役割してたと思う。
特に日本の場合、狭い家で、ホントにface to faceで皆が住んでいたからね。
それが日本人としての人間の深みを造り、味を出してきてたのかなぁと思う。

と、まあこんなところで、以上終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »