« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

牛乳パック飛行機 ver.2

少し時間が経ってしまったが、先週の日曜日に牛乳パック飛行機のver.2を作成した。

Img_4316
Img_4315_1
Img_4317

形状は異なるが、主翼の面積、水平尾翼の面積は1号機とほとんど変わらない。

2号機は、主翼の幅を短くし、長さを長くした。またキャンパーを浅くした。

あと機首に付ける重りの貼り方を変えた。具体的には、前方に長くなるように貼っていった。
これは機体重量を少しでも軽くなるよう、テコの原理を使って、重りの使用量を減らしたかったから。

その他として、1号機の欠点であった胴体の強度不足の対策として二枚重ねにした。ここも重たくしたくなかったため、代わりに高さ(?)は半分にした。

これらの結果、重量は1号機とほとんど変わらない12g程度になった。

今回のは、でも、ちゃんと安定して飛ぶんだな!!これが。
一応1、2号機ともに迎角0°にしてあるし、重心の位置もほぼ同じなので、一番の大きな違いはキャンパーか!?
キャンパーは無いと飛ばないが、かなり浅めが良いということかな!?
ちなみに飛んだ2号機のキャンパーの「へ」の屋根の部分の角度は170°でした。


でも、なんで10g以上あるものが飛ぶんだろう!?奥が深いなぁ。
単純計算だと3g程度のものしか飛びそうにないんだけどなぁ。。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ifplugd

LANカードについて、ケーブルが刺さってる/刺さっていないにより、自動でカードをup/downしてくれるらしい。

ノート使ってる場合には、非常に便利かも。

esearch ifplugdで確認してね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛乳パックで紙飛行機づくり

今日、子供達に紙飛行機を作ってあげようと思いたち、材料になりそうなものを物色したら牛乳パックが目に入った。

これとハサミとセロテープのみで切り貼りしながら記念すべき第一号を作成したよ。
形としてはグライダーになるのかな!?

部屋の中で飛ばして、重りや羽の角度を素人的に調整しながらやっと普通の折紙飛行機くらいには飛ぶようになった。

で、公園に繰り出したんだけど、これが悲しい程飛ばなかったよ。
胴体が牛乳パック一枚の厚みだからかな!?

飛ぶときと飛ばない時の差が激しい。

もうちょっと飛ぶように工夫してみよっと。
結構はまりそうだよ。

と言うこと、牛乳パック飛行機と名付けて、ルール(制約)は1000mL牛乳パック1個からのみ作るとしよう。
Plane01front

Plane01top_1

Plane01side

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イラスト版管理職心得 大野潔著

この前はネガティブ系の「若者はなぜ3年・・・」を読んだので、今度はポジティブ系を読みたくなってました。そんな中、今日、出張の新幹線の中での読みものとしてGetしたのがこれ。

私は管理職ではないが、「リーダー」論を少し知っておきたいなと考えていたので読んでみました。
読んでて思わず感動してしまいました。感動のあまり涙がでそうでした。

著者は1954年生まれだそうです。
この著者のように、現在50歳を越えておられる方で、この本に書かれた様な事を常日頃から考えて、素で実行されている方がいるんだって思い、心底感動しました。

いずれ私も管理職になるのかも知れない。専門職の方で何かのプロジェクトリーダーになることがあるかも知れない。
どちらにしろ、その時までにはこの本に書かれていたことの半分でも、素で当り前の様に実行できる人物になっていたいと思った。

中堅〜部長級の方までに、超お薦めです。と言うか一冊持ってください。
私が社長なら中堅以上の社員全員に配ります。
そして感想文でも書かせる事にして、かならず読ませます。
(読んだとしても1.2〜2hくらいのものですから。)

ホント、私のなかでは「7つの習慣」以来の大ヒット作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘のピアノ初レッスン♪

娘がピアノを習い始めた。
今日が一日目。

仕事から帰ってきたら、嬉しそうに報告してくれたよ。
よっぽど楽しかったんだろうな♪

私はピアノできないけど、音楽好きだから、娘も音楽好きになってくれると嬉しいな。
自分も頑張って、もう一回ギターとベース弾けるように練習しよっと。

将来、家族で合わせできたら楽しいやろなぁ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者はなぜ3年で辞めるのか? 城繁幸著

この手の書物を読むときは、ポストイット片手に気になった一文のあるページにハリハリしながら読むのだが、この本、ページ数少ないのに貼ったポストイットの数はトップクラスになったよ。

なぜこんなに多くのページにポストイットを貼ることになったのか。
著者が自分と同世代であり、50歳程度以上の老人が書いたものじゃなく、自分と良く似た視点から問題提起した書物だからかな?
それとも、私の友人の多くがフリーターや派遣社員だからかな!?
どちらにせよ、35歳以下から20歳くらいの方には一読をお薦めしたい本です。

内容自体は、「老害」って言葉を耳にし出した4、5年前から現在までで様々な人が言っていることを上手くまとめただけって感じはする。
でも、ちゃんと著者の言葉、考え方でまとめているからリアリティあるし、それに、これだけまとめて書かれると、普段なら「世の中そんなもんだよな」って流してしまうところを、読者自身も立ち止まって考えてしまうと思う。


と、言うことでお薦めの一冊であると言うことを前提に、以下軽く読後のツッコミ。

1)自給200円の正社員はないやろ!!
 →大卒初任給を20万/月として、30日/月働いたとしても、自給200円じゃ30時間/日以上働かないと成り立たないよ。。せめて自給400円くらいにしとこよ、な。

2)政治家に相手にしてもらえるように、若者は選挙権ちゃんと使おうに対して。
 →そりゃ、まともな頭じゃ無理やで。政治家が選挙の時に若者を見た発言してへんやん。
 誰に投票すんのや!?
 この本の中で自分も書いとるやん。各政党全て、若手採用見送りの老人既得権確保路線や言うて。

3)上流の仕事??
 若い子はともかく、バブル世代以上の人で、上流の仕事をしたくて上の役職目指してる人ってどれだけいるの??
「同期のだれそれより下に評価されたくない」とか、「課長」や「部長」というステータスが欲しいだけちゃうの。それかお金か。
 少なくとも役職についた時に、きちんと自分のビジョン語れた人って私の回りじゃ、1/3以下だよ。
飲みの席でも良いけど、熱意があって付いたポジションだって言うなら、自分のやりたいこと部下達に熱く語ってみなって。しっかりしたもん語れたら、もしかしたら若手の共感や忠誠が得られるかもよ。

4)p.50〜p.51の「鍋」の例
 ウチの会社の場合、幸い社長は非常に優秀のようです。
少なくともこの社長の例はこなせているよ。
でもそれ以下の流れは、悲しいかな、こんなに皆優秀じゃないように(どちらかというと決断することに臆病に)見える。
ウチの例だと、以下になりそう。

 1)寄せ鍋を18時までに用意しろ(社長)
 2)「寄せ鍋を18時までに用意しろ」って社長がおっしゃられたので必達のこと(役員)。
 3)「寄せ鍋を18時までに用意しろ」と言う社長命令がでたと役員から連絡が入った。
   必達とのことなので各自ミスのないよう対応しろ。(部長)
 4)部長から言われたんやけど、社長命令らしいは。ハハ。皆忙しいかも知れんけど、ちゃんとやったって。(課長)
 5)「はい・・・。」(平) # 以下、心の言葉
  (「ハハ」ちゃうで、切れるぞコラ!!)
  (何ベースが欲しいんや。具は何系が良いんや。予算はなんぼや。丸投げやったオレでも出来るで。)
  (権限・責任もってるやつら、ちゃんと決断・指示しいや、ホンマ、高い給料もろてるクセに。)


ツッコミ書くと切り無いからこの辺で止めとこっと。
 
 この本、少々強引な話し展開や小さな矛盾が散見されるけど、それはそれ。実際の社会の多様性を考えれば誤差範囲ってところかなと思います。


最後にもう一回本音も書いとこかな。

マネージメントの教育をされてこなかった人が、功労に対する御褒美でマネージャーになってるってのが今の日本の管理職の大半でしょ。
マネージメントできないのは本人達の所為だけじゃないんだよねぇ。(足りない能力補う努力が、まったく足りてないのは本人の所為だけどさ。)
キャッチアップだけで右肩上がりの社会になってしまったのが、日本の社会の不運なんだろうね。

「競争」を実感することなく、「我慢」することでポジション手に入れた人達は、一回そのポジションを手放して、中堅&若手とフェアに「競争」して、もう一回そのポジションを「能力」で手に入れてごらん。
あなた達がフェアに「競争」した上で手に入れた「ポジション」だと言うことを示せたら、若い子達も心から素直に従えると思うし、会社辞めないよ、きっと。
(向上心がある奴は残るよ。ただ向上心より負けず嫌いの気持ちの方が強い奴は起業するかも。)
(余談だけどこれ、趣味のストリートダンスを通して、若手から体感したことなんだ。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Sun JDK 1.5.0.08 [sun-jdk-1.5]の日本語化にチャレンジ

GentooJPのWIKIに情報があったけど、私のところでは上手くいかなかったので対処方法を探索中。

/opt/sun-jdk-1.5.0.08/jre/READMEより抜粋すると、

-----------------------------------------------------------------------
Modifiable Configuration Files
-----------------------------------------------------------------------

The limited set of files from the JRE listed below may be modified in
Operating System Distributions for the purpose of configuring the
Software to work properly with your Operating System Distribution
(These paths are all relative to where is
the jre directory of the JDK or the top-level directory of the JRE):

[snip]

- lib/fontconfig.properties
Please refer to: http://java.sun.com/j2se/1.5.0/docs/guide/intl/fontconfig.html

とある。
素直に参照をみると、Gentooの場合はOSがLinuxと言うことで、fontconfig.properties.srcが使われるように思う。
# fontconfig.bfcがどういう条件で使われるか良く理解できないから自信はないが。。。

と言うことで、fontconfig.properties.srcを修正してみた(watanabeをsazanamiに変換)。
が、、、上手くいかない!?

そうこうしている内に、GentooJPのWIKI記載の方法で上手く動くようになっていた。
(???。ま、結果オーライということで、以上。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GnuCashの使い方

気づいてみればGnuCashのバージョンが2.0.1になっていた。
日本語環境でも安定して動作するようになってるし、一部だけど日本語化され始めている。

と、言うことでようやく本腰入れて使ってみよって思い、使い方を模索してます。
チュートリアルはあるが、コンセプト解説が主でいまいち使い方が分からなかったし、ヘルプも上手く使いこなせず苦労してます。

現時点で把握したところを大雑把にまとめてみます。

1)収支の入力は、Cash in WalletとSavings Accountのみを使用。
 Cash in Walletは現金、Savings Accontは貯金と理解。これらをParent Accountとして新しいAccountを作成しそれぞれ管理。
 Bank CDやChecking Account等は日本では使ってない人がほとんどのはずなので、消してしまった方が使いやすいと思います。

2)収支の入力の仕方
 上の1)で作った個々のAccountをダブルクリックすると、そのAccountの詳細のTabが開くので、そこで実際の収支を入力。
 「移動」の欄には、Income、Expensesの郡の中から適切なものを選ぶ。適切な項目がなければ、Income、Expensesの中に新たに項目を作る。
 カードの引き落とし等は、資金移動で行う。

3)カード等での購入品の入力
 Liabilities->Credit Cardに所有しているカードのAccountを作成。
 入力の仕方は、基本的には2)と同様。ただし、金額は「請求」の欄に入力。

4)給料等の複雑な入力
 「移動」の欄を未入力の状態で、マウス右クリックからSplit Transactionを選択。
 新たに表れた色の違う入力欄に2)と同様に入力。
 # ここは少しクセがあると思います。慣れが必要。コツが分かったらまた記載します。
 
とりあえず、これくらいで一応使えるようになったと思います。
# 「移動」の右となりの「?:R」の欄の意味が分からないです。???
# また折を見て調べます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »